クレジットカード

実際にSPGアメックスを使用することで受けたお得な特典やメリット

SPGアメックス券面
目次

 

Sponsored Link

1.実際にSPGアメックスを利用してうけることができたお得な特典やメリット

SPGアメックスを利用するようになり数ヶ月ですが、高いと言われる年会費31,000円税別に十分に見合った、いや、むしろ個人的にはそれ以上の見返りがあったと思います。

今回はカードを保有してまだ4ケ月ですが、その間に実際に私がどのようにカードを利用したのか、その特典やキャンペーンを紹介します。

 

実際に4ヶ月利用した結果、ポイント:66,000、割引:2,900円、キャッシュバック:12,000円です。

その他、レイトチェックアウトを2回利用しましたので、これだけで実質の初年度の年会費は取り戻せたと思います。

 

(1) 入会特典

36,000ポイント

①入会後の利用

入会後の3ヶ月で10万円以上を利用することにより30,000ポイントをもらうことができました。

②紹介キャンペーン

紹介キャンペーンを利用してカードを申し込んだため6,000ポイントをもらうことができました。

※①と②を足して36,000ポイントですが、10万円の利用で通常3,000ポイントが加算されるため、合計39,000ポイントが手に入ると表現している場合がありますが、個人的には36,000ポイントと表現すべきかな?と思っています。

 

(2) 紹介プログラム

30,000ポイント

知人にSPGアメックスに入会したことを話したところ、その知人が紹介プログラムを通して申し込みをしてくれました。

 

(3) レストラン・バー割引15%

割引額2,900円

これら特典を受けるためには、チェックインの時にMarriott Bonvoyの会員番号をフロントで伝えます。この会員番号はアプリから簡単に確認できますが、メモやスクリーンショットを撮っておき、いつでもすぐに確認できるようにしておくと便利です。

神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ

テラスレストランガーデンカフェのディナービュッフェを15%引き(1,200円割引)で利用しました。

オキナワマリオットリゾート&スパ

クワッチーのディナービュッフェとスパを15%引き(合計1,700円割引)で利用しました。

 

(4) 各種キャンペーン

キャッシュバック12,000円

SPGアメックスを保有した時にWEB上で支払明細等を確認できるアプリがあります。そして、メールアドレスを登録するとキャンペーンの案内がメールで届きます。

そのメールで以下のキャッシュバックの案内があり、参加登録のボタンをタップしただけで、面倒な手続き等は一切なくキャッシュバックを受けることができました。

①大型家電量販店20%キャッシュバック

2019年10月末までにビックカメラ、コジマ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラで一度に10,000円税込以上をアメックスカードで利用すると20%(最大10,000円)がキャッシュバックになるキャンペーンがあり、10,000円のキャッシュバックを受けることができました。

※キャッシュバックの方法は利用明細からマイナス10,000円がされていました。

②あなたの街でキャッシュバック

登録された店舗でアメックスカードを利用すると20%がキャッシュバックになるキャンペーンです。

偶然夕食を食べたお店と普段から通っている美容室が対象でした。

※キャッシュバックの方法は利用明細からそれぞれ1,500円、500円が引かれていました。

 

2.お得なSPGアメックスの紹介プログラム

私自身が紹介リンクを通してSPGアメックスに申し込みました。

面倒なことは何もなく、いただいた紹介リンクからWebを通して申し込みをしただけで6,000ポイントをゲットできました。

 

これが電話での入会となると紹介者の名前・連絡先が必要になり、アメックスが入会案内を行うことについて、紹介者に確認の連絡が入るような手順となっており面倒です。

見ず知らずの紹介者に30,000ポイントが特典として渡ることになりますが、自分自身にも6,000ポイントが手に入りますので、SPGアメックスに紹介無しに申し込むことはもったいないと思います。

 

また、他の記事でもSPGアメックスの紹介プログラムが案内されていますので、知らない人の紹介でクレジットカードを発行することに不安や抵抗を覚える方がいると思います。

しかし、カード発行のタイミングやポイント付与至るまでに紹介者または入会者に、通知が届くことはありません。

明細において、SPG AMEX JP PROMO BONUSという紹介ポイントが付与されるだけです。

 

つまり、お互いの個人情報が第3者に公開または確認されることはありません。

※当然アメックスに問い合わせても教えてもらえません。

※興味がある方は、コメントからお問い合わせいただければ幸いです。

 

3.SPGアメックスの特徴

SPGアメックスを利用するようになり数ヶ月ですが、高いと言われる年会費31,000円税別に十分に見合った、いや、むしろ個人的にはそれ以上の見返りがあったと思います。

SPGアメックスの特典や実際に私がどのように利用したのかも含め紹介します。

 

特徴 (1)SPGエリートレベルのゴールド会員資格が付帯

ゴールド会員資格

①眺めの良い部屋へのアップグレード

このアップグレードにはMarriott Bonvoyからの予約が必要です。
②レイトチェックアウト

14時まで延長できます。ゆったりとした朝を過ごすことができます。
③ボーナスポイント(25%プラス)

ホテル滞在時のご利用金額US$1につき、12.5ポイントが獲得できます。(通常会員の1.25倍)

 

特徴 (2)ポイントはホテルの無料宿泊特典や航空券(マイル)に交換可能

ポイント・マイル

①ポイント還元

100円の利用で3ポイントが貯まります。

②無料宿泊特典

毎年のカード継続時には、マリオット、シェラトン、ウェスティンだけでなくリッツカールトンなどの高級ホテルブランドで無料宿泊特典に利用できます。

なお、この無料宿泊特典は、1泊1室2名まで利用ができ、繁忙期、閑散期は必要ポイントに差はあるものの、空室であれば利用可能です。

③マイレージプログラム

ANA、JALをはじめとし主要提携航空会社(40社以上)のマイレージプログラムを利用できます。

3ポイントで1マイルに交換ができますが、一度に「60,000ポイント=20,000マイル」に交換すればボーナスポイントとして5,000マイルが加算されるので、実際には「60,000ポイントの交換で得られるマイルは25,000マイル」となり、実質100円=1.25マイルとなります。

さらに使用期限は24ヶ月ですが、期間内に1度でもポイントの獲得や使用があればそこから使用期限が24ヶ月となるため、メインカードとして使用すれば、起源は気にしなくて済みます。

マイルへの移行手数料がかからないのも魅力の一つです。

 

特徴 (3)各種保険・補償・サービスが充実

保険・補償・サービス

①海外旅行保険

海外旅行では傷害死亡・後遺障害保険がカード利用なら最高1億円(1,000万円)、カード利用がない自動付帯でも最高5,000万円(1,000万円)が付帯されています。

傷害・疾病治療保険は自動付帯でも最高200万円(200万円)、賠償責任保険は自動付帯で4,000万円(4,000万円)となっており充実しています。

※()内は基本カード会員の家族の条件。

※家族の定義:生計を共にしているという前提で、6親等以内の血族、3親等以内の姻族。

②国内旅行保険

国内旅行は海外旅行と異なり、自動付帯はなく利用付帯です。

また、補償されるのは傷害死亡・後遺障害保険で最高5,000万円(1,000万円)です。

※()内は基本カード会員の家族の条件。

③航空便遅延保険

基本カード会員のみが対象となり、4つの保険から成り立っています。また、補償額は各最高2万円です。

・乗継遅延費用

・出航遅延、欠航、搭乗不能費用

・受託手荷物遅延費用

・受託手荷物紛失費用

④キャンセルプロテクション

急な出張で海外旅行に行けなくなった場合や、突然の病気、ケガによる入院などで、予約していた旅行やライブに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害が補償されます。(条件により補償上限が異なる)

⑤ショッピング保険

商品を購入した日から90日、購入した商品について、日本国内・海外で発生した火災・破裂・爆発・破損・盗難などの偶然な事故で損害が出た場合、1事故あたり年間500万円まで補償されます。

※国内外での利用を問わず支払方法にも条件がありません。

⑥手荷物無料宅配サービス

海外旅行からの帰国時に、空港から自宅まで、カード会員1名様につきスーツケース1個を無料で配送してもらえるサービスです。

対象空港:成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港

 

特徴 (4)空港ラウンジが使用可能

空港ラウンジ(一部抜粋)

カード会員に加えて同伴者1名も国内主要空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港等でラウンジの利用ができます。

新千歳空港、函館空港、仙台空港、羽田空港、成田空港、中部国際空港、小松空港、伊丹空港、関西国際空港、神戸空港、福岡空港、那覇空港、ダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国仁川国際空港等。

 

Sponsored Link

4.まとめ SPGアメックスのお得な特典やメリット

良いことばかり記載しましたがデメリットは?と聞かれれば、31,000円税別と高い年会費ぐらいでしょうか。

しかし、この年会費は上述のようにわずか4ヶ月で元が取れましたし、来年からは継続のポイントがもらえるようになるので、良いカードに巡り合えたと思っています。

 

また、私自身、実際に申し込むまで、キャッシュバックキャンペーン等は知りませんでした。このようなところからもアメックスを利用するメリットは今後も出てくると思います。

なお、クレジットカードは各自の生活形態や利用する店舗やサービスによって、メインにすべきカードは変わります。

様々なカードと比較する際にこの記事が参考になれば幸いです。

目次に戻る

-クレジットカード
-, ,

© 2020 くらしの話をしないかね Powered by AFFINGER5