マンショントラブル

マンションでのペットの飼育トラブルを理解して解決する方法

かわいい犬と猫が写った写真
Sponsored Link

 

アシスタント
分譲マンションでペットを飼育したいのですが、大丈夫でしょうか?

 

飼育できるマンションとできないマンションがあります。まずは管理規約を確認することが重要です。
ふどみつ

 

こんな方におすすめ

  • ペットの飼育トラブルを抱えている管理組合の理事長・役員
  • マンションでペットを飼育しており苦情があった方
  • マンションでペットの飼育マナーに悩んでいる方
  • ペットの飼育が禁止されているマンションで違反者に悩んでいる方

 

 

ペットの飼育ができるマンションと禁止されているマンションがあります。

多くは分譲のときに定められた管理規約等(規約ではなく細則の場合が多い)で、そのルールが記載されています。

 

しかし、近年ではペットは家族であるとの考え方が一般化してきており、この10年ほどで建設されたマンションでは小型犬等を中心に飼育は認められていますが、飼育が禁止されているマンションで、管理組合に無断で飼育をしている人が増えています。

当然ながら管理組合としては問題視することになりますので、マンションでのペット飼育に関するトラブルや解決策をまとめてみました。

 

 

 

 

1.マンションでのペット飼育が禁止されている割合

国土交通省が2018年に実施したマンション総合調査(約1,700組合が回答)のペット飼育の禁止に関する調査結果は次のような割合でした。

 

この結果からも、近年におけるペット飼育の考え方が変わってきているのは明らかです。

 

なお、マンションの竣工年代別に限れば、2009年(平成22年)以降竣工のマンションでは90%が種類、サイズ等を限定し飼育を認めています。

 

マンション総合調査結果

ペットの飼育は禁止:40.3%

種類、サイズ等を限定しペットの飼育を認めている:49.3%

 

 

2.ペット飼育はトラブルのもと?禁止されてきた理由は?

近年ではサイズ等の制限はあるものの、マンションでのペットの飼育は一般的なものになってきました。

 

それではなぜ、これまでペットの飼育が禁止されてきたのでしょうか。

 

実際にマンションで起きているトラブルを参考に、理由を挙げてみます。

 

ペット飼育に関するトラブル原因

①人に危害を加える恐れがある(噛みつく・ひっかく)

②鳴き声が近所迷惑になる(特に飼い主の不在時に吠える)

③臭いが気になる(ペットを清潔にしていない・独特の臭いがする)

④動物アレルギーの人がいる(エレベーターに同乗することができない・洗濯物や網戸に毛が付着する)

⑤共用部分を汚損する(糞尿・バルコニーの排水溝に毛が詰まる)

 

 

3.ペットの飼育ができるマンションでトラブルを防ぐための飼育ルール

マンションで飼育するかわいい猫の写真です

 

ペットの飼育ができるマンションでは、飼育が禁止されている理由をカバーして、トラブルを回避できるように、管理規約等にルールを定めることによって、飼育を認めています。

 

3-1 トラブル原因 人に危害を加えてしまう

小型犬や猫といった室内で飼育できるようなペットを想定し、種類やサイズを限定し、共用部分ではリードに繋いだうえでゲージに入れる。

 

また、犬の場合は狂犬病の予防接種を行い、証明書を犬に携帯させる。

 

3-2 トラブル原因 鳴き声が近所迷惑になる

ペットの種類やサイズを限定しておく。

 

ひどい場合には飼育舎者負担とし、管理組合が調教師を指定をして調教をする。

 

ココがポイント

飼育者が日中不在のときに犬は吠える傾向があります。近隣の方が日中の鳴き声に悩んでいても、飼育者は鳴き声を聞いていないので温度差が生じることがあります。

 

3-3 トラブル原因 臭いが気になる

飼育は専有部分に限定し、共用部分は当然のことながら、バルコニー等の専用使用部分に出すことを認めない。

 

3-4 トラブル原因 動物アレルギーの人がいる

エレベーターでの乗り合わせを防ぐため、エレベーターにペットが乗っているかどうかを表示できるようにする。

 

また、ペットの足洗い場を設置して、苦手な人が極力近づかないで済むように導線を工夫する。

 

ココがおすすめ

築30年ほどのマンションでは、エレベーターのリニューアルの時にはペットが同乗していることを知らせるために表示ボタンの機能を追加することをおすすめします。

 

3-5 トラブルトラブル原因 共用部分を汚損する

共用部分ではケージ等に入れてることを徹底し、歩かせることを禁止する。

 

バルコニーに出すことを禁止する。

 

 

4.飼育禁止マンションでペットを飼育していることが管理組合にばれると?

実例を参考にペットの飼育が禁止されているマンション管理組合が管理規約等を遵守させるために取った手順を紹介します。

 

step
1
管理組合が直接もしくは書面にて、ペットを飼育しているのかどうかの実態を確認します。

 

step
2
飼育していることを認めた場合、期日を区切り、その期日までに管理規約等を遵守した状況にしなさいという注意勧告を行います。

 

ココがポイント

ペットは家族であり命ある生き物のため、このような遠回しな表現ですが、言っていることは、「ペットを手放すか」、「引っ越しをしてください」ということです。

 

step
3
それでもペットの飼育を止めない場合、管理組合は法的措置を講じます。

この段階ではペットの飼育行為が、実際に他の人に迷惑をかけているかどうかは問題ではありません。

管理組合としては、ペットの飼育が禁止されているマンションで、ペットを飼育していること自体が管理規約等の違反であり、「管理規約等を遵守しなさい」という主張と法的観点では、飼育者は管理規約等を遵守するしかありません。

 

ココがポイント

当該マンションでは、同じように飼育していた人が、過去に管理組合から注意を受け、ペットを手放したという事例がありました。

このように管理組合は前例を考慮した判断をする必要があります。

一方で難しいのが社会の流れです。

マンションというミクロの前例で判断するのか、社会の流れというマクロで判断するのか、ペット飼育に向き合う姿勢はどんどん難しくなっています。

 

今回紹介した手順は、正攻法で手続きを進める管理組合です。

 

違反者は管理組合からいきなり訴えられた場合でも、「厳しい措置だ」、「対応が冷たい」と言い返すことができる状況でないことを忘れてはいけません。

 

なお、ペットは生き物ですが、法的観点で言えば「物」として扱われてしまうので、ペットに愛着のある方は、辛いやり取りをしなければなりません。

 

 

 

5.飼育禁止マンションで飼育者がいる場合にトラブルを回避する方法

近年のペットに対する考え方の変化や、飼育が禁止されている中でも飼育されているペットがいるという現状の落としどころとして、「現状の一代に限って飼育を認める」という方法です。

 

これは、「ペットの飼育が禁止されているから入居した」、「ペットアレルギーだからペットの飼育は認めたくない」という反対派の人たちと、そうは言ってもペットは生き物であり、あまり強硬な手段は取りたくないという考えから、管理組合が事態収拾を図る苦肉の策です。

 

しかし、一代限りのはずが、いつの間にか「ペットが若返った」、「色合いが変わった」、「こんなにペットって長生きしたっけ」ということから想像されるように、ペットの飼育は減ることはないでしょう。

 

ココに注意

正直なところ、「一代限りの飼育」を認めると、なし崩し的にペットは増加します。そのため、結局のところ、飼育を許可したことと同じ状態となります。

 

なお、竣工からペットの飼育ができるマンションと禁止されているマンションの違いとしては、「ペット専用の足洗い場がある」、「エレベーターにペット同乗のボタンがある」といった設備上の違いがあります。

 

エレベーターであれば、30年に一度の更新の時期と重なれば対応ができますが、これらの設備を後付けで設置することは難しいのが現状です。

 

 

まとめ マンションでのペットの飼育トラブルを理解して解決する方法

本記事のまとめ

  • マンションでのペット飼育が禁止されている割合
  • ペット飼育はトラブルのもと?禁止されてきた理由は?
  • ペットの飼育ができるマンションでトラブルを防ぐための飼育ルール
  • 飼育禁止マンションでペットを飼育していることが管理組合にばれると?
  • 飼育禁止マンションで飼育者がいる場合にトラブルを回避する方法

 

表面的なペットの飼育に関して記載してきましたが、盲導犬等は別枠で飼育を認めているマンションが大半です。

 

また、多くの場合、犬、猫を想定してサイズや種類に制限を加えていますが、うさぎやハムスターはどういう扱いにするのかといったことも明確にしておかないとトラブルの元になります。

 

時代背景からすれば、ペットの飼育はどんどん認められている方向は間違いありません。

 

もし、あなたが飼育が禁止されているマンションにお住まいで、飼育をしたい場合には、管理規約に違反して飼育を開始するのではなく、家族同様の大切なペットのために、まずは管理規約等を変更してから飼育を開始することをお勧めします。

 

 

 

管理規約の違反者と話をする理事長
マンションの管理規約の違反者への対応方法と手順~罰則規定は必要か?~

続きを見る

マンションで漏水があったことをイメージさせる水が落ちる写真
マンションでの漏水被害を火災・賠償責任保険で解決するための手順

続きを見る

防犯カメラが設置されている写真
誤解されるマンション管理組合の防犯カメラ運用規約と注意事項

続きを見る

 

目次に戻る

Sponsored Link

-マンショントラブル
-,

© 2020 くらしの話をしないかね Powered by AFFINGER5