マンショントラブル

マンションのバルコニーでの喫煙を禁止する方法と解決策

背景に禁煙にしたいタバコの煙が映った様子
Sponsored Link

近隣住戸のバルコニーでの喫煙で嫌な気持ちになったことはありませんか?

 

部屋に煙が入ってくるので窓が開けれない、洗濯物に臭いが付くということはとても嫌な気持ちになりますよね。

 

かといって近隣住戸に直接、喫煙をやめてほしいとも言えない………本記事ではバルコニーでの喫煙を禁止にする方法を紹介します。

 

こんな方におすすめ

  • マンションのバルコニーでの喫煙に悩まされている方
  • マンション管理組合の理事長や役員でバルコニーでの喫煙トラブルを解決したい方
 

 

Sponsored Link

1 マンションのバルコニー(ベランダ)での喫煙は自分勝手?

自宅の壁紙が汚れる、家族が煙を嫌がるといった理由で、部屋の中では喫煙せずに、バルコニーで喫煙される方がいます。

 

しかし、その行為は周辺住戸で煙が嫌いな方、妊婦、子供等の受動喫煙に繋がっていることや、洗濯物への匂いの付着等で困っている人がいると考えていないことが多いです。

 

自宅や自分の家族は守りたいのに、他の方の迷惑は関係ないといったスタンスは大迷惑です。

 

そしてマンション生活において、バルコニーでの喫煙のトラブルは後を絶ちません。

 

解決策としてマンション管理組合がバルコニーを禁煙とするための情報をお伝えします。

 

 

2 管理規約等でバルコニー(ベランダ)での喫煙を禁止するための方法と解決策

この数年で建設された多くのマンションでは竣工時から管理規約等で、バルコニーでの喫煙が禁止されています。

 

しかし、それ以前に建設されたマンションの多くでは管理規約等に明確に禁止規定がなく、それがホタル族とも呼ばれる喫煙問題のトラブルの元になっています。

 

そして、管理規約等に喫煙の禁止の規定が無いと、管理組合としては、バルコニーでの喫煙を中止させることの明確な根拠がなく、あくまでも禁煙への「協力やお願いの呼びかけ」に留めざるをえなくなります。

 

管理規約等に明確にバルコニーでの喫煙が禁止されているかどうかが非常に重要なポイントで、バルコニーでの喫煙を禁止するためには、管理規約等の変更が必要となり、総会決議が必要となります。

 

この手続きには必ずというほど、喫煙者の反対がありますが、このご時世、理事会が禁煙にするというスタンスで総会に上程してしまえば、禁煙にできると思います。

 

なお、管理規約等で喫煙が禁止されていない場合の、管理組合からの広報文は次の要点をまとめて、「協力やお願いの呼びかけ」として広報すると良いかと思います。(該当しない場合もありますので状況に応じた内容としてください。)

 

広報文の要点

  • 受動喫煙により健康被害受けている居住者がいること。
  • 煙が住戸に入ってきて困っている居住者がいること。
  • 洗濯物に匂いが付いて困っている居住者がいること。
  • 灰や吸い殻がバルコニーに入ってくることがあること。
  • バルコニーの塩ビシートが焦げる可能性があること。(もしくは実際に焦げた例があること。)
  • 窓を開ける季節を迎えるとより一層喫煙に関する意見が増えることが予想されること。
  • 2012年には名古屋地方裁判所において損害賠償命令が出された判例があること。(この判例はあくまでもそれまでの経緯等が考慮された結果、損害賠償命令という結果に至っていますので、管理規約等に定めが無い場合に、困っている人がいるからといって必ずしも損害賠償や禁止を求めることができるかは別となります。詳細は以下の記事を参考にしてください。)
 

 

 

3 マンションのバルコニー(ベランダ)はどのような場所か?

バルコニーはその住戸の方しか使用できない構造のため、専有部分である自分の部屋と一体化していると思いがちですが、緊急時の避難経路にもなっており、共用部分に該当します。

 

ではなぜ各個人が使用できるのかと言いますと専用使用権が認められているからです。

 

専用使用権とは「敷地及び共用部分等の一部について、特定の区分所有者が排他的に使用できる権利」のことで、専用使用部分とは、「専用使用権の対象となっている敷地及び共用部分等の部分」を指します。

 

また、標準管理規約には次の規定がありますので、位置づけを正確に理解しておく必要があります。

 

標準管理規約 第14条

バルコニー等の専用使用権

区分所有者は、別表第4に掲げるバルコニー、玄関扉、窓枠、窓ガラス、一階に面する庭及び屋上テラス(以下この条、第21条第1項及び別表第4において「バルコニー等」という。)について、同表に掲げるとおり、専用使用権を有することを承認する。

            

この規定がありますので、前述のとおりバルコニーでの喫煙を禁止する場合には、使用細則等で、専用使用権が認められている場所に関しての禁止事項に「バルコニーで喫煙をすること」と記載しておく必要があります。

              

※禁止事項に一覧として記載することが多いので、禁止事項として「喫煙すること」を定めます。

 

 

まとめ マンションのバルコニーを禁煙にする方法

本記事のまとめ

  • マンションのバルコニーでの喫煙は自分勝手?
  • 管理規約等でバルコニーでの喫煙は禁止するための方法と解決策
  • マンションのバルコニーはどのような場所か?

 

社会の流れによって、マンションでのルールも変わっていきます。

 

ひと昔前では公共交通機関ですら喫煙が可能でしたが、現在ではほとんどで禁止されています。

 

マンションも建設されたときのルールのままではなく、社会の流れに応じて管理規約等は変わっていくものだと思いますし、多くの居住者にとって住みやすいマンションのルールを定めていくことは管理組合(理事会)の使命でもあります。

 

この記事が少しでも受動喫煙で悩んでいる方の役に立ち、一人でも多くの方が住みやすいマンションとなっていくことを期待しています。

 

管理規約の違反者と話をする理事長
マンションの管理規約の違反者への対応方法と手順~罰則規定は必要か?~

続きを見る

バルコニーに椅子と机を置いている様子
バルコニーとベランダの違いと禁止事項~マンション住民は知らないとまずい~

続きを見る

判例などの法律に関する書籍を背景にした写真
マンションのバルコニーでの喫煙で悩んでいる方へ~判例の紹介~

続きを見る

 

目次に戻る

Sponsored Link

-マンショントラブル
-, ,

© 2020 くらしの話をしないかね Powered by AFFINGER5