マンショントラブル

マンションでの漏水被害を火災・賠償責任保険で解決するための手順

マンションで漏水があったことをイメージさせる水が落ちる写真
Sponsored Link

ある日、あたなの部屋の天井から水が落ちてきたらどうしますか?

 

多くの人は慌てて水を受けるバケツやタオルを準備すると思います。

 

さて、そこからどのように対応すればいいでしょうか?

 

本記事では、お部屋内(専有部分)への漏水のときに、慌てずに対応できるように、また後々のトラブルを避けるためにはどのような手順で対応すれば良いのかということを紹介します。

 

こんな方におすすめ

  • 分譲マンションに住んでいる方
  • 築年数が経過したマンションに住んでいる方
  • 漏水の加害者(漏らした側)もしくは被害者(漏らされた側)になった方

 

 

 

 

Sponsored Link

1.マンションでの漏水被害は火災・個人賠償責任保険を使って解決

あなたの部屋の天井から水漏れが発生した場合、まず水を受ける準備をしたら、上階を訪ねるか、管理員さんがいる時間には管理員さんに相談してください。

 

もし夜間等で不在でしたら、多くの管理会社には24時間体制の緊急連絡窓口が設置されていると思いますのでそこに連絡をしてください。

 

ココがポイント

管理事務所や緊急連絡の窓口の連絡先はエントランスや掲示板に表示されています。こういった時のために電話番号を携帯に登録しておくことをお勧めします。

 

漏水解決のための手順

  • 漏水の原因を特定する
  • 漏水の状況を写真に撮っておく
  • 被害補償のために適用する保険を決める
  • 保険会社に保険金認定のための申請を行う
  • 保険会社による査定を受ける
  • 漏水で受けた被害を復旧する

 

 

2.保険会社に状況を報告するために漏水被害の写真を撮っておく

天井から水が落ちてくると慌てるかもしれませんが、今後、保険を申請するために写真を撮っておきます。

 

ココがポイント

写真は保険会社が漏水被害を確認する際に重要な資料となります。また、漏水当日は水がかかっていた箇所(照明器具やクロス等)でも水が乾いた状況を見ると漏水の形跡が確認できず、表面上は被害が無かったと判断されないためにも役立つ資料です。

 

 

3.マンション管理組合は漏水の原因を特定するための保険に加入している

天井から水が漏れてきた場合は原因を突き止めなければなりません。

 

マンションでの漏水原因は大きく分けると以下のような理由です。

 

主な漏水原因

  • 上階の人が水をこぼしたことに起因する漏水(洗濯機のホースが外れた。洗面所に水を貯めていたところ貯めていることを忘れて溢れさせてしまった。)
  • 壁裏等の見えない配管(給湯管からのピンホール)が劣化しそこから漏水
  • 専有部分(個人の責任の範疇)ではなく共用部分(管理組合の責任の範疇)の配管からの漏水
  • 共用部分である外壁、屋上防水等からの漏水

 

壁裏等の見えない配管が劣化して漏水している様子

壁裏等の見えない配管(給湯管からのピンホール)が劣化し漏水

 

これら漏水原因を突き止めるときには、場合によっては壁のボードや床のフローリングに穴をあけて、その裏の配管を調べなければなりません。

こういったときに備えてマンション管理組合は加入している共用部分の保険に「漏水(水漏れ)原因調査」を含んでいることが一般的です。

 

この漏水(水漏れ)原因調査と呼ばれる保険は、原因究明に要した費用です。

 

ココに注意

そのため、専門業者が漏水現場に駆けつけて壁に穴をあけ、それを元に戻すことが補償範囲のため、漏水箇所自体(給排水の配管等)を補修する費用は含まれていません。

 

 

 

4.漏水被害を補償するためにマンション総合保険を使用するか決める

漏水の原因が上階に起因する場合は、上階の方の保険(個人賠償責任保険)を適用することが筋かと思います。

 

しかし、ローンを組まずに一括でマンションを購入している場合等は上階の方が保険に加入していない場合もあります。

 

その場合は、マンション管理組合が加入している共用部分の保険の補償内容に、多くの場合でこの個人賠償責任保険が含んでいますので、こちらを適用します。

 

ココがポイント

管理組合が管理対象部分でない専有部分に関して、個人賠償責任保険に加入しているのは、上階からの漏水があったときに、加害者(上階の方)が保険に加入していないことで、被害者(下階の方)の被害が補償されず泣き寝入りやトラブルに発展することを防ぐ目的もあります。

 

なお、共用部分からの漏水であれば、必然と管理組合に補償義務が発生しますので、管理組合に補償を求めましょう。

 

多くの管理組合では施設賠償責任保険といって、こういった場合に補償ができるように保険に加入しています。

 

保険適用のポイント

個人で加入している保険と管理組合で加入している保険内容を認識し、正しく被害が補償されるように、漏水原因と補償内容にあわせてどの保険を適用するか決定します。

 

 

5.保険会社に漏水被害の復旧費用を申請する

保険会社に保険金を認定してもらうための申請を行います。

 

そのときには、被害状況の写真とともに、その被害を復旧するための見積書を添付する必要があります。

 

ココがポイント

この見積書は自身の知り合いの業者でもいいですし、依頼先がわからない場合は、管理会社等に依頼して準備します。さらに被害によっては、服が汚い水で汚れたクリーニング代、家電が水で壊れたといった場合もあろうかと思いますので、その被害も申請します。

 

なお、必要な書類等は保険会社(管理組合が加入する保険を利用する時は管理会社)の案内に従って準備すればいいです。

 

 

6.保険会社の漏水被害の査定を受ける

写真で判断し保険が認定されることもありますが、保険会社からの依頼により鑑定人が家にやってきます。

 

そのときは漏水当時の状況やその後、どのように被害(クロスが剥がれてきた。クロスに漏水跡が残った等)があったかを正確に伝えます。

 

また、家電や服等にも被害が出た場合も保険を申請した方が良いのですが、クロス等は異なり、減価償却を考慮した時価での補償となります。

 

後日、保険会社や管理組合の保険を適用した場合は管理会社等から鑑定結果の連絡を受けることになります。

 

例:時価の考え方

購入した時のテレビの価格が20万円の場合:5年で減価償却となるため、丸3年を経過した時点で被害が出た場合の価値は8万円(20万円×2/5年)となります。

 

 

7.漏水で被害を受けた個所を復旧する

クロスやボードの張替えが必要な場合は、保険申請の際に見積もりを依頼した業者に復旧を依頼することが一般的です。

 

また、家電等に被害があれば自身で新しい家電を購入します。

 

稀に復旧はせずに、保険金だけ受け取る方もいますが、今後カビが生えるといったこともありますので、できるだけ復旧しておきましょう。

 

※一般論で記載していますので、必ず自身で保険の加入状況、補償範囲を確認して手続きを進めてください。

 

 

まとめ マンションでの漏水被害を火災・賠償責任保険で解決するための手順

本記事のまとめ

  • マンションでの漏水被害は火災・個人賠償責任保険を使って解決
  • 保険会社に状況を報告するために漏水被害の写真を撮っておく
  • マンション管理組合は漏水の原因を特定するための保険に加入している
  • 漏水被害を補償するためにマンション総合保険を使用するか決める
  • 保険会社に漏水被害の復旧費用を申請する
  • 保険会社の漏水被害の査定を受ける
  • 漏水で被害を受けた箇所を復旧する

 

漏水被害に会うことはあまりありませんが、事前に知っておくといざというときに落ち着いて行動できます。

 

また、今回紹介したような情報を知らなくても、漏水があったときに本記事をご確認いただくことで、お役に立つ情報が提供できれば幸いです。

台風の被害で倒れた大きな木の写真
台風被害はマンション管理組合の保険で補償が可能~知らないと損をする~

続きを見る

保険証券のイメージ写真
マンション管理組合の保険代理店の役割とは?失敗しない選び方

続きを見る

マンション管理組合保険の比較 保険証券のイメージ
マンション管理組合が保険に加入するときに比較すべき5つのポイント

続きを見る

 

目次に戻る

Sponsored Link

-マンショントラブル
-, , ,

Copyright© くらしの話をしないかね , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.